川イルカの保護と心の解放を目的にイルカ・セラピーの研究と自然体験学習。さらに、自然免疫力を高めるために、海洋スポーツ健康教室を実施。海洋環境療法に取り組む。


by hab21iruka
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:メコン川イルカ研究者( 3 )

みなさん、お元気ですか。
クラチェのHAB21イルカ保護研究センターからのイルカについての報告から・・・・・・f0200623_9263038.jpg
昨年から今年にかけて、水産局との調査によると・・・
保護区内でのイルカの死亡数は減少傾向にあり年間10頭未満で推移している。
子どもの出産もあり、増減はゼロで良いほうこうであり、引き続き保護対策の徹底
と監視活動が求められる。
観光については、政府の努力もあり一か月あたり1000人前後をキープ。年間の
客数は15000人前後か。
WWF現地の活動も協力して日本人バンドHAB21イルカ研究会の指導と政府保護委員会
のトップの研究活動は引き続き強化。
クラチェ市にある研究センター内に日本ウエルネススポーツ大学メコンオフィスを設置して
より研究と保護活動に官民学が共同していくことが合意。
代表で特任教授である岩重が所長として赴任予定。
[PR]
by hab21iruka | 2013-09-16 09:27 | メコン川イルカ研究者
071.gif056.gif064.gif070.gif071.gif
f0200623_21455579.jpg
イルカと地域資源に関するレポートが
来月7月・・・・東京海洋大学楽水誌に掲載される予定です。
その内容の要約をお知らせします。

2009年の10月の誌上828号への投稿から3年経過しました。
今回は3回目のレポートになります。
今年1月。カンボジアでイルカ国際会議に参加して、最新の情報や研究活動を提供。
私が20年かけて活動研究したものを少し、まとめて報告しました。この投稿をもって
資料がほぼそろったので、出版の準備に入ろうかと考えております。
タイトル:カワゴンドウ①イルカと川
②イルカの持つ不思議な力
③川の暮らしとイルカ漁法
④カワゴンドウの仲間と進化の歴史・・・・・仏様とイルカ
⑤ヒトとイルカの関わり・・・イルカセラピー
⑥絶滅の危機にあるイルカからのSOS
など
楽しみながら川イルカの世界へ案内して、
川のイルカのかわいらしさにひかれていきますよ。
楽水7月号をお楽しみに。
[PR]
by hab21iruka | 2012-06-25 21:46 | メコン川イルカ研究者
クラチェで、世界の学者が参加するワークショップに参加しました。
WWFカンボジアと政府の主催するイルカ保護に関するものです。
久しぶりにHAB21イルカセンターを訪問できた。ペンキで塗り替え
10年経った建物だが、しっかり管理運営され、キン・シーンさんが
漁業局の局長として、事務所を管理。
かれの部屋と僕の部屋が同じ建物。
センター内には薬草を植えたプラントができていた。
f0200623_20131073.jpg
f0200623_20134827.jpg
f0200623_20141482.jpg
f0200623_20144066.jpg

[PR]
by hab21iruka | 2012-03-19 20:14 | メコン川イルカ研究者