川イルカの保護と心の解放を目的にイルカ・セラピーの研究と自然体験学習。さらに、自然免疫力を高めるために、海洋スポーツ健康教室を実施。海洋環境療法に取り組む。


by hab21iruka
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

003.gif058.gif056.gif
カンボジアにとってメコン川のイルカ自然観光は、
 国内向け、海外向けともに、アンコール・ワットについで自然の商品化という経済的価値の高い産物である。
私の論文の目的は、第1は、メコン川のイルカ保護の現状を明らかにすること、第2に、イルカウオッチング業を継続的に行っている村落とスポット的に観光に参入する村落について、インフラ整備や技術革新の影響、海外支援に対する努力、漁労阻害要因に対する漁師の認識、カンボジアにおけるエコ・ツーリズムの生成と定着の問題を具体的に分析して考察することである。
 メコン川からのナマズなどの漁獲量は年々減少。主要な市場向け輸出は減少している。漁獲減少を補うため、技術革新に対する関心度は高く、種々の取り組みも活発である。
 対象地域の村落は、技術革新以上に、エコ・ツーリズムビジネスのほうに力を注いでいる。エコ・ツーリズムをすすめるうえで、宿泊・交通の利便などインフラ整備が大きな負担になっており、川から遠い村落もこれに苦しんでいる。公共的な施設は、観光客誘致などの向上にとっては必要であるが、政府の地域振興措置による財政的支援は乏しい。
 川のツーリズムは漁労を核としながらも、地域固有の自然、人材、文化などの既存の資源や財産に付加価値をつけ、総合的に提供しうる観光に転換することによってなされる。
 また、川のツーリズムがサービスという商品を提供するという位置づけから、マーケッティングで課題を明らかにする。
岩重慶一より
f0200623_19364711.jpg

[PR]
by hab21iruka | 2010-10-31 19:37

イルカ先生の課外授業

イルカと泳いで元気になる070.gif070.gif003.gif053.gif056.gif072.gif自然と人間と動物の関わり
自分の中の自分を見つめ、出会いが可能になる気づきがある。日々の忙しい毎日から、時に離れ、自己を内観するするときに、新しい本来の自分に出会うのかもしれない。だれも教えない、だれにも頼らない、自分のできることは何か。自分は誰のために役にたつかなど、ただ生きているだけではない
ことに気付くことが元気になるコツかもしれない。元気があれば、トライできる。イルカのように生きてみたいと、思いませんか。そんな効果をイルカセラピーの検証という授業を、7年間専門学校で
教えている。ときには、企業で、小学校でも公開してきました。これから、もっとブログでも公開していきたいと思う。
ご関心のある方は、ぜひご質問などお送りください。
岩重慶一より
f0200623_2115546.jpg

[PR]
by hab21iruka | 2010-10-11 21:15 | イルカセラピー概論
微笑みのメコン子どもたち写真展 ご案内
           子どもたちの輝く世界をのぞいてごらん。
048.gif056.gif058.gif016.gif
会場:日本橋三井タワー2階 WIRED CAFE 店内(地下鉄銀座線 三越前)
会期:10月12日~月末
主催:HAB21イルカ研究会
後援:コーワインターナショナル
撮影:HAB21代表岩重慶一

今、名古屋で開催中の生物多様性条約第10回国際会議(COP10)、私たちが保護しているメコン川イルカは絶滅危惧種です。
イルカからのSOS・・・・・絶滅の危機にあり、いろいろな仕掛けを工夫してきましたが、繁殖に
難あり、域内繁殖を検討しているところです。繁殖を目的にした水族園の建設計画を策定しています。イルカ村の子どもたちの未来に期待したいと思います。
ぜひ、お出かけの際はお立ち寄りください。
                                      岩重慶一
f0200623_13384839.jpg

[PR]
by hab21iruka | 2010-10-11 13:38