川イルカの保護と心の解放を目的にイルカ・セラピーの研究と自然体験学習。さらに、自然免疫力を高めるために、海洋スポーツ健康教室を実施。海洋環境療法に取り組む。


by hab21iruka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

070.gif072.gif064.gif056.gif053.gif060.gif058.gif
7月26日母の89歳の誕生日にタウンニュース神奈川区版43100部の新聞乗り込みに
連載がスタートしました。
タイトルは、「生命感動日記」
f0200623_948575.jpg

一回目は、生きる力とはなんだ
二回目は今月23日木曜日発行です。テーマはおたのしみに・・・・・
ぼくが20年かけて活動したイルカとヒトの関係について、
人間のこそだてに役立つことを
地域の新聞で紹介して多くの親たちや保育士たちにアドバイス
できたら・・・と思いスタートしました。
心の問題、生きる意味のことなど生物学から見た教育について見てみましょう。
子育ては一番重要な大人の責務です。
どうか。みんでヨーク考えたいですね
イルカ博士
[PR]
by hab21iruka | 2012-07-31 09:48 | イルカ先生の子育て
ニューロン回路・シナプスなど脳神経の
科学が欧米でいわれる。日本では脳科学。
感性の育て方は、古い脳の活用である。
[PR]
by hab21iruka | 2012-07-22 16:27
048.gif070.gif064.gif056.gif053.gif
動物の体の個体発生は系統発生を繰り返す・・・
子育てには生物学的に順序だある。
感性の起源とは
生きる力は何者だ
感性は習得できない
手段ではない
知性でもない
では、どのようにして育てるのか。
感性の育て方は、
感性の形成過程
生物の自己組織化
耳が開けば心が開く
[PR]
by hab21iruka | 2012-07-22 13:13 | イルカ先生の子育て
048.gif056.gif064.gif058.gif071.gif070.gif072.gif生きる力は、企業による早期教育ではできない。
乳幼児期で引き出す潜在力である生きる力とは、何者だ!
これを、多くの方に紹介して説明したいと思いながら20年になりました。
同時にイルカと子どもの交流をしながらのテーマです。
引き出す人間は成熟した大人、引き出される生物は同じ人間になれていないヒトだ。
教育するは、Educate・・・・・・・引き出すという意味だ。
受胎した6から8週の子どもに心がある。脳の細胞はピークに増殖。
33か月かけて伸び、ニューロン回路とシナプスの増加へ向けて発達していく。
そんな乳幼児への外部からのあらゆる刺激がその脳を育てるという。
その子を取り巻く自然環境と取り巻く親がその子の遺伝を発芽させ、後成する遺伝説がある。
早期教育にかけるお金は不要。生きる力は、絶対的愛情をもつ親たちが生かすも殺すも運転者である。
ハンドルもアクセルもブレーキももたない、ただ善くなろうと生まれた赤ん坊は10年の早産であるという。
体の成長と心の成長が各成長期間でどのように行われるのだろうか。
そのことを生物学的な知識として知ることがたいせつです。
10歳までに早期学習塾にお金をつぎ込むことは必要ない。偏差値教育はいあらない。
生きる力があれば、生きる手段はそのあとに得ていけばいい。
その仕組みを紹介したい。
岩重イルカ先生より
[PR]
by hab21iruka | 2012-07-15 13:01 | イルカ先生の子育て
f0200623_2138880.jpg
048.gif056.gif071.gif070.gif064.gif058.gif067.gif072.gif035.gif
7日七夕の土曜日、横浜地区第一回の子育てセミナーが開催。
東京からも参加者あり、とても関心があり質問もあり有意義でした。
みなさんありがとう。
幼児期に、学研やベネッセなど大人の教育企業が参入していることには、反対する一人です。
胎児から33か月までの脳への知性というつくられた商品による開発は、生物学的生理的にも
適していません。遊びについても大人だけで製作したものを与えマニュアルで主婦でもバイトでも
解説して当てはめる手法は意味がない。
マクドナルド方式の栄養供給は、採れたての味もなくともに植えて収穫もしらない汗もかかない
単なるモノだ。胎内から誕生した生き物であるヒトを人間化する脳の刺激は、人工物では効果が
少ない。遊びなら親とともに感動しながら白紙から作り上げ、ともに喜び尊敬しあうことだ。
福岡のしいのみ学園のショウジ先生の指導こそ、教育企業は見習うべきだ。
生きる力は、生得性であり習得性ではない。善き原風景をタイケンさせることが一番。
感性を育てて・・・・10歳から知性を与えることが脳のために最適である。
その順序を間違いないように。
切れる子や虐待などの刺激、出来上がりの教材などの刺激は不要。
家族の絶対的愛情による躾こそ、幼児教育の基本。
そのことが人間化準備期間となる。
次回は、遊びの刺激の具体的な例や覚悟をもって我慢と利他についての刺激法などを講義します。
イルカ先生より
f0200623_21364733.jpg

[PR]
by hab21iruka | 2012-07-10 21:39

3歳は人生の分かれ道

明日、いよいよ
071.gif070.gif064.gif058.gif056.gif053.gif072.gif横浜育児セミナー
が開催されます。
横浜地区の一回目です。
テーマは、ヒトの心は10年の生理早産
ヒトを人間にするためには・・・・・・・・
紙おむつは危険
既成のおもちゃは効果なし・・・・
など逆転の考え方を
紹介します。
なぜ、だろう。考える脳の認識パターンと回路の増強運動について
わかりやすく、解説します。
岩重イルカ先生より
f0200623_9381399.jpg

[PR]
by hab21iruka | 2012-07-06 09:38